【EPIC無料】Against All Odds、Horizon Chase Turbo、Kao the Kangarooについて調べてみた

記事内に広告が含まれています。

今週のEPIC無料配布は、横スクハードコアアスレチックゲームアーケード風レースゲーム3Dプラットフォームカンガルーゲームといったラインナップでした。

それぞれどんなゲームかレビューなどを軽く調べてみました。

EPIC無料配布とは?

EPIC無料配布】とは、Epic Gamesが競合するSteamに対抗するため、毎週無料でゲームを提供しているサービスのことです。利用は無料で、Epic Gamesに登録して無料購入するだけで永久的にプレイできるようになります。

スポンサーリンク

Against All Oddsは横スク版フォールガイズ

Against All Odds on Steam
Water's cut. Rent's due. Jobs are scarce. Time to get rich. Enter the Slaughter League and win against all the odds in a...

Against All Odds(Epic Store)

横スクロール型の10人参加の障害物競走です。略称はAAO。

本作は無料配布というより、無料ゲームの新作ですね。配布期間が決まっているので、もしかしたら有料になるのかもしれません。

2021年頃から、「スローターリーグ」という名称で開発が進められていたようですが、名称が残虐すぎるとして変更になったそうです。

ジャンルはアクション、マルチプレイヤー、競争

横スク版のフォールガイズみたいなものですね。

ビジュアルはキャッチーですが、もともとのタイトルが「スローター(惨殺)リーグ」というほど、バイオレンス表現にこだわった作品で、年齢制限があるほどです(16歳以上)。

マルチプレイヤーモードクリエイティブモードソロモードの3つの軸で開発を進めているようですが、リリース初日はマルチプレイヤーモードとクリエイティブモード(ステージを作れる)のみのようです。ソロモードは拡張DLCという形になる予定です。

参考URL:Dev Update #9 – Progress Update

現時点ではないが、日本語化の予定はある

日本語化は現時点ではありません。

公式のニュースリリースには、多くの言語の翻訳アップデートを予定していると記載があり、その中に日本語も含まれていました。いずれ…ですね。

サイズは870MB

実際にダウンロードしてみたところ、インストールサイズは870MBでした。

少し遊んだ感想

障害物に触れたら即死の、昔からあるハードコアなアスレチックゲームです。一応特徴?として攻撃や防御コマンドがありますが、スカスカすぎてまったく出番なかったです。

正直微妙っすねー…。

ゲームにはまったく目新しさがなく、ゴア描写も血が飛び散るだけでリアルさのかけらもない。断末魔にちょっとドキッとするくらい。初日にしてマッチングに1~2分かかり、集まっても人数3人。操作は簡単で、ステージの難易度も易しめ~普通くらいなのでパーティゲームとしてはちょうどいい難易度だと思う。

スポンサーリンク

Horizon Chase Turboはクラシックなレースゲーム

Horizon Chase Turbo on Steam
Thrilling arcade racing game, inspired by the super-fun-straight-to-the-point classic racing games from the 90s.

Horizon Chase Turbo(Epic Store)

ブラジルのスタジオによる80~90年代のクラシックなアーケード版レースゲームの再現!

良くも悪くも懐古趣味的な作品で、目新しさはないけども、間違いのないゲーム性と言えそうです。キャンペーンであるワールドツアーをクリアするのに10時間弱と尺も十分。

Steam評価は非常に好評

全てのレビュー:圧倒的に好評

リリース日:2018年5月15日

価格:2,050円

不評レビューの傾向
好評レビューの傾向
  • オンラインランキングはあるが、オンライン対戦はない
  • 難易度は高め
  • 進化はない
  • コース、車種、パーツが多い
  • 操作が簡単
  • 低スペックPCでも遊べる
  • 4K対応、無制限FPS

王道をしっかりと抑えた完成度の高いゲームとして、好評レビューが多かったです。

日本語あり

音声のみ英語で、テキスト、UIともに日本語化対応済みです。

スポンサーリンク

Kao the Kangarooは格闘家のカンガルーが主役

Kao the Kangaroo on Steam
Inspired by the golden age of 3D Platformers, Kao The Kangaroo returns in a whole new adventure! Embark on an epic journ...

Kao the Kangaroo(Epic Store)

主人公はKao(カオ)という格闘家のカンガルーで、一言でいうと、クラッシュ・バンディクーみたいなゲームです。

「カオ・ザ・カンガルー」はポーランドのTate Multimediaによる2000年から続く古参タイトルで、本作はその最新作となります。

ジャンルはアクション、3Dプラットフォーム

3Dプラットフォームとは、端的に言えば走ってジャンプする3Dゲームのことです。

初代マリオのような、横スクのジャンプアクションを、プラットフォーム(足場)ゲームと呼んでいたことから、それの3D版を3Dプラットフォームと呼ぶようになったそうです。

代表的なゲームとして、マリオ64やクラッシュ・バンディクーが挙げられます。ジャンプという単純なアクションだけでも、ワクワク感とハラハラ感を味わえる、昔懐かしのゲームジャンルですね。

Steam評価は非常に好評

全てのレビュー:非常に好評

リリース日:2022年5月22日

価格:3,999円

不評レビューの傾向
好評レビューの傾向
  • 低難易度
  • 低予算
  • ボリューム不足
  • ストーリーが形式的
  • バグが多い
  • ノスタルジックな3Dプラットフォーム
  • アートスタイルが素晴らしい
  • 実績が簡単(目安10時間)

バグに言及するものと、完成度の低さを指摘するレビューが目立ちました。バグは論外として、作り込みの部分で一定水準に届いていないというより、噛み合ってないみたいな感じですね。熱意はあるけど、不必要な機能(ボタン配置やライフの設定)や低予算感(吹き替えのないキャラがいる)にB級ゲーム感が拭えないと。

あと、ポーランド版の声優が英語版も吹き替えているようで、そのポーランド訛り?の英語への風当たりがめちゃくちゃ強かったですね…。

日本語あり

音声のみ英語で、日本語UI、日本語テキスト対応済み。

サイズは9GB

実際にダウンロードしてみたところ、サイズは9.02GBでした。

今週の感想

AAO…ライトに遊べそうだけど、残酷な表現がどの程度か気になる。

レースゲー…かなり良さそう。Steamで「圧倒的に好評」は外れなし。

カンガルー…60~70点くらい? 当時の3Dアクションゲーの雰囲気を味わいつつ10時間でサクッとクリアできるのは良いかも。

配布は5月5日から5月12日(金曜0時)までの1週間です。

コメント

ホーム » ゲーム感想 » 【EPIC無料】Against All Odds、Horizon Chase Turbo、Kao the Kangarooについて調べてみた

カテゴリー

タイトルとURLをコピーしました